「塾で結核!?」と思いました。、調べてみると30代の男性講師が原因

だったみたいだが、それにしても感染のスピードが速すぎる

結核に対する抗体がないだけではないなと感じる。どうやら結核の患者

は減少傾向にあるものの、東京の方では猛威を振るっているようだ

また、初発の患者が受診を受ければ多少は集団感染も防げたが、経済理由

かあるいは仕事などで忙しい為か受診しない事が多いので、感染が広がった

ようだ。

結核は狭い室内で大きな感染力をもつ病気で、咳や痰が2週間以上続いた場合は医療機関の受診を受ける事を厚生省は警告している

結核は昔の病気と思われがちだが最近特に猛威を振るっている。また自覚症状がない為に発見された時は重症化している事も少なくない。

ですが、正確に感染を発見できる生物学手法が確立したことや感染診断が

出来る分子学的手法などが確立し、いち早く発見することができるように

なってきているので受診はちゃんと受けるようにしよう

また、予防をきちんとすることと慌てずにきちんとした対応で感染の拡大

させない事も重要な事なので覚えておく事をあるサイトで書いている
ひげ脱毛のおすすめ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.